有害物質の有無を分析

レディ

安全性を得られる

現代ではコンピューターや電化製品から、おもちゃまでほとんどが化学物質で作られています。しかし、その中には、有害な物質が含まれているかもしれないので、きちんとSGS分析しておくことで、安心して利用することが可能になるのです。そして、SGS分析で認められれば全国または全世界で使用制限がかかりるので、所持している製品が危険なものではないか知り得ることができるでしょう。

価格について

SGS分析は部品に含まれていると思われる有害物質を調べることをいい、ものによって値段が異なってきます。例えば、カドミウム、鉛、水銀が2ppmで5900円になっており、六価クロムが2ppmで1500円で検査することが可能になっています。他にも、臭素系難燃剤は5ppmで21000円と少々高額になっています。そして、総クロムが2ppmで7500円なので、一般人でも気軽に利用することができるでしょう。その他にも、いろいろな分析をすることができるので、注目しておくべきです。

問い合わせてみる

実際にあった例で言うと、販売していた商品に疑問を持った方がSGS分析をしてほしいと依頼してくる場合があります。そういった場合はすぐに専門の機関に連絡を入れて、安全なものかどうかチェックするといいでしょう。

SGS分析の認証と証明の違い

認証

SGS分析を受けたという認証があれば、自社のサービスが国内外の規格や規制に適応しているということをアピールすることができます。例えば車を分析してもらう場合、1つの型式を調べるため指定された1台を分析していきます。

証明

逆に証明は自社のサービスが世界と同じ基準で作られていることを現わすことができます。認証では、1つの型式で1台でしか分析しなかったものが、証明では1台ずつ分析試験を受けたことを証明することができます。

信頼を得られる

SGS分析をすることによって、顧客から信頼を獲得することができるようになっています。特に、製品の販売を行っている場合は、認証をもらっておくといいでしょう。

[PR]

SGS分析は専門業者に依頼
消費者に安全を届けよう

広告募集中